FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛里沙の…その二

愛里沙は、何とか男を見失わずに追い付く事が出来た。
『すみません』愛里沙が声を掛けると、男は振り返った。
愛里沙は、間違いない今朝の人だ、そう確信した

愛里沙は、振り返った男にもう一度『すみません。あの今朝の方ですよね』恐る恐る声を掛けると、男は一瞬警戒したようだったが、直ぐに笑顔になり
『あぁ、朝の…もう大丈夫?』そう言って微笑んだ。
愛里沙は、優しそうな人だな、そう思った。
愛里沙の直感は意外と当たる、それには愛里沙自身少なからず自信があった。
『私、お礼も言えなかったから…、また会えてよかった』愛里沙は何故か嬉し<なり、泣き出してしまった。
『どうしたの?』心配そうに見つめる男に愛里沙は、笑顔を見せると
『どうしたのかな?私にも解りません。でも嬉しくて』
『それは光栄だな』男はそういって笑った。
愛里沙はお礼がしたいしこの男と少し話てみたいと思い、男を先程の喫茶店に誘いしばらく話をすることに決めた。
愛里沙がその事を話すと男は快く返事をしてくれ、二人は今来た道を戻り始めた。
店に着くと愛里沙はいつもの席が空いているのを確認し、男を席まで案内すると馴染みのウェイターにオーダーを注げた。
『私はマキアート、貴方は何にする?』と男に聞くと、男は『俺はブラジルがいいな、無ければブレンドで』それを聞いて愛里沙は、ウェイターにじゃあそれで頼むねと言って、男の方を振り返った。
『さてと私は愛里沙、片山愛里沙って言います。そこの福祉大で心理学を習ってます。貴方はどなた?』愛里沙はそこまで言うと、前に座って茫然としている男に尋ねた。
『突然だな』びっくりした様に男は言うと、それでも愛里沙の問いに答えはじめた。
『俺は堀場悟郎って言うんだ一応売れない絵かきをしてるんだ、余りにも本業が利益に成らないから、副業で生活してる』
そこまで聞いて愛里沙は、だから冴えないんだ。
そう言って笑った。
『君は、ストレートな娘だね。確かに冴えないのは事実だから、しょうがないか』悟郎と名乗った男はそう言って愛里沙と一緒に笑った。
『ごめんなさい…、そんなつもりじゃなかったんだけど、余りにもピッタリだったから、驚いちゃった』
二人は、しばらく自己紹介等しながら、話を続けた。
『ゴローちゃんさぁ、メアド交換しよう。私、ゴローちゃんの事気に入ったよ』それを聞いた悟郎は『僕も君には興味が湧いてきたよ』そう言って二人はアドレスを交換した。
別れ際に愛里沙は『ゴローちゃん、今日はありがとう』と言って、悟郎に手を振った。
それを見た悟郎は、ニコリと笑うと、愛里沙と同じ様に手を振った。
手を振りながら悟郎は『不思議な娘だ』と呟いていた。
スポンサーサイト

愛里沙の心理学ツアー恋って?

じゃあ、今日はここまで
続きはまたこの次に会えた時にでも、そう言って教授の講義は終わった。
『ふー、やっと終わった。ネェ愛里沙お昼はどうする』そう呼ばれて愛里沙は、今日は用があるからと言って一人だけ別行動をとっていた。

いつもの行きつけの喫茶店で、これもまたいつもの席に座り、いつもの一つと言うとボンヤリと足早やに通り過ぎていく人達を眺めていた。
そういえば、今日は少し空気が思い、水分をタップリと含んでいる感じが愛里沙の肌にも感じて取れた。
『ハァ…』愛里沙は溜め息をつくと、キャラメルマキアートの模様を眺め、そして一口、口をつけた。
愛里沙は今日、どうしてもいつもの様な気分には成れなかった、朝のあの電車の中での出来事が頭から離れず、気分を憂鬱にしていたのだ。

…『あー、ヤバイ遅刻しちゃうよ』愛里沙は朝、寝過ごしてしまい慌てていた、普段はそんな事はないのだが、昨日飲み過ぎたようだ。
改札を過ぎ、近場のドアに駆け込んだのだが、それが良くなかった。
気が付けば、周りを男性に囲まれ身動きが取れなくなっていた。
そのうちに、愛里沙は自分の太股の辺りに違和感を覚え、あっ!と声を出した。
痴漢だった、いつもは女性専用車両に乗るのだが
、今日の愛里沙にはその余裕がなかった。
愛里沙が困るのと反比例するかの様に、相手の触り方もエスカレートしてくる。
愛里沙は我慢できなくなり声をだそうとした、正にその時『おい!あんた何してるんだ』と言う男の声がした。
気が付けば愛里沙の前で座席に座って居た男が立ち上がり愛里沙の後に向かって声をかけていた。
助けられた事はありがたかったが、それ以上にその行為のターゲットになった自分が嫌だった。
そんなことがあって、愛里沙は今日、なかなかいつもの様な気持ちには、なれなった。
『お礼も言えなかったな…』愛里沙はそう呟くと再び外に目を向けた。
しばらく、ボンヤリと外を眺めていると、愛里沙の視線がピタッと止まった。
『あれっ、あの人今朝の…』愛里沙の視線の先には、今朝あの電車の中で愛里沙を助けた男が歩いていた。
愛里沙は慌てて会計を済ませると、店を飛び出した。
早くしないと見失っちゃう、愛里沙は心の中で叫びながら走りだした。
走りながら、愛里沙は自分の中で何かが変わる様な気がして、不思議な気持ちを感じていた。

こうして、愛里沙の少し切ない恋の始めの1頁がめくられた。

見てる^^

メッセージ


見てるかな?
君が主人公の物語が

ここから始まるよ




恋は新しい自分に出会う旅


愛里沙の心理学ツアー
恋って?

夢うつつ

出会えるはずないのに、また今日も君を捜して街をさ迷う

もうどれくらい経つのだろう
こうして歩く様になったのは

現実を受け入れる事が出来なくて、生きる事さえも、どうでも良くなっていたボクに、キミは両手を広げ抱きしめてくれた。

嬉しかった…
何より、嬉しかったのは
、君が『最悪辞めてもいいんだよ身体や心を壊してまでやることなんてない。
一番大切なのはアナタ自身の身体と心。
』そう言ってくれた事。

それがとても嬉しくて、ボクはその時からキミに恋をしたんだ。


例え実体のない世界の事だとしても、ボクはキミを放したくない。
キミを誰にも渡したくない、ボクだけの天使で居てほしい。

それから、ボクはキミを捜す様になった。
人混みの街の中や、静かな公園、色んな所をさ迷い歩いた

隔り 2

これが、冷志と志音(しおん)との初めての出会いだった。
この時、運命の歯車は動き出してしまった。


あれから一月が過ぎた。
冷志は暫く魔界に戻り、新たな人間界の情報等仕入れて来たのだった。
人間界に戻る時に冷志は情報屋の死神に
「また何かあったら、知らせてくれ、今度は暫く戻らないから、向こうまで来てくれると助かるな」

冷志はそう言って死神と別れこちらに戻って来た。
ただ、冷志は別れ際に死神の言った『貴方なら敢えて言わなくても良いと思うが、天界の者にはくれぐれも…』と言う言葉が何故か冷酷な心のどこかに引っ掛かっていた。
しかし、そんな事も忘れるくらいに冷志は暴れていた。

続きを読む »

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : 恋愛 片思い 小説 日記 妄想

隔り 1

天界と魔界の間…
ここは人間達の住む世界そこには魔界の者達も出入り出来、さらには天界の者さえも現れる事のあるという…

そんな人間界に彼はやって来た。
退屈な魔界から刺激を求める為に…
彼の名は…敢えて言わないでおこう。
これから彼の身にどんな出来事が起るのか分からないからね^^

ただし、

続きを読む »

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

tag : 小説 片思い 恋愛

プロフィール

じぞう

Author:じぞう
ずっと好きでいたいから・・・
大好きな人への隠すことの出来ない思いを、書き綴っていく事で、毎日を幸せに生きていきたいと願う日記です。
・・・もうひとつ、BoA子ガンバレ!ずっと応援するよ。。。

FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。